扶養家族のいる方との節税の方法の違い

定期預金で節税

寡夫以外に寡婦控除の制度の手続きをする

扶養家族がいない例として夫や妻を亡くした場合があります。
そのような方が節税を検討する場合は、寡夫や寡婦控除の手続きをする事が大切になります。

葬儀などが落ち着いたらこの手続きをなるべく早めにするようにしましょう。
主な働き手を亡くした方にとって、今後の生活のためにも節税になるこの方法はかなり有効です。

どのような方が対象になるのか事前に確認をしましょう。
またいつまでに手続きをするべきか、忙しい場合や体調がすぐれない場合にすぐに手続きか出来ない方は担当部署に問い合わせをしておきましょう。

遺産の手続きと共にこの控除は覚えておくと良いです。
いくつもの税金が重なる時期にこの手続きをすると、金銭的に楽になります。

寄付金をしていると控除される

なんらかの形で現金を寄付していると、毎年行う年末調整や確定申告で控除されます。
寄付をした時は必ずその証拠になる用紙をもらいましょう。
寄付をする先は毎年同じでなくても控除が可能です。

寄付をする事で他の方を助ける事が出来る以外に、節税できます。
無理のない金額を自分の目的に合わせて寄付をする事が大切になります。

また領収書を出して貰えるかどうか事前に確認をしましょう。
信頼できる団体であれば必ず領収書を出してくれます。

寄付をする団体は様々な種類の中から自分で選べます。
自治体や宗教団体そして社会福祉団体を寄付をする先として探します。

節税をメインにするだけでなく、自分の信念にあっている団体に寄付をしましょう。