扶養家族のいる方との節税の方法の違い

民間の保険や年金に加入すると節税になる

働きながら通学しているなら

学生の中には働きながら通学をしている場合があります。
そのような方の場合は勤労学生控除が適用される可能性があります。

控除を受けるには必要な証明書があるので確認をしましょう。
学校や就業先に必要な証明書をもらう事で手続きが可能です。

また収入によって別の控除を受ける方が節税になる場合があるので注意が必要です。
年度内の収入を把握して節税になる手続きをしましょう。

学生で働いている場合は、基礎控除と学生控除のどちらかが適用される場合があります。
アルバイトのシフトなどを検討する目安にしましょう。

勉強と仕事で忙しい場合でも収入を少しでも控除されるには、これらの手続きを忘れないことが大切です。
節税は知っておくとそれほど難しい手続きではありません。

障害者控除を忘れずに

精神や身体になんらかの障害がある方は、障害者控除を受ける事が可能です。
障害者手帳や健康保険証など必要な書類を用意しましょう。

身体および精神障害には等級がありますが、一級に認定されている方は特別障害として控除されるので注意が必要です。
この控除には要介護認定を受けている方が該当する場合があります。
この内容に該当する方は要介護の認定証が必要です。

要介護の認定所の発行には治療を担当している医師の意見書などが必要になります。
必要な書類を用意するのに時間がかかるので、早めに用意をするようにしましょう。

どのくらいの金額が控除されるかは収入などにより異なります。
不明な点があれば各自治体に問い合わせをしましょう。